ビーム診断

当社では、紫外波長域から赤外波長域までカバーする、カメラベースの装置を提供しています。

Beamage

機能

  • 高速伝達率のUSB 3.0通常のUSB 2.0コネクションよりも最大10倍高速(USB 2.0と互換性有)
  • 高解像度どんな小型ビームでも正確なプロファイル測定が可能:
    • 2.2メガピクセルの解像度で(Beamage-3.0)
    • 4.2メガピクセルの解像度で(Beamage-4M)
  • 大型アパーチャ
    • 11.3 x 6.0 mm(Beamage-3.0)
    • 11.3 x 11.3 mm(Beamage-4M)
    • 20.5 x 20.5 mm(Beamage-4M-FOCUS)
  • IRコーティングを施してご提供Beamage-IRにはIR波長(1495-1595 nm)に対する特殊な蛍光体コーティングが施されています
  • ISO 準拠D4σ 倍率定義、図心、楕円率、および配置はISO 11146:2004および11146:2005に準拠
  • シンプル、でも効率的このシンプルなインターフェースは非常にわかりやすく、便利な機能を:
    • 2D、3DおよびXY画面
    • バックグラウンド除去機能
    • 独自の「活性化」機能
    • ガウス関数でのフィッティング
    • セミ・ロググラフ
  • 外部トリガパルスレーザーでのカメラの同期


主な仕様

 


BEAMAGE-3.0

BEAMAGE-3.0
-IR

BEAMAGE-4M

BEAMAGE-4M
-IR

BEAMAGE-4M
-FOCUS

波長帯

     

カメラのみ

350 - 1150 nm

1495 - 1595 nm

350 - 1150 nm

1495 - 1595 nm

350 - 1150 nm

UG11-UVフィルター付き

250 - 370 nm

---

250 - 370 nm

---

---

B3-IR-フィルター付き

1250 - 1350 nm

---

1250 - 1350 nm

---

---

画素数

2.2 MPixels

2.2 MPixels

4.2 MPixels

4.2 MPixels

4.2 MPixels

H x V

2048 x 1088

2048 x 1088

2048 x 2048

2048 x 1088

2048 x 2048

センサーサイズ

11.3 x 6.0 mm

11.3 x 6.0 mm

11.3 x 11.3 mm

11.3 x 11.3 mm

20.5 x 20.5 mm

フレームレート(フルフレーム)

11 fps

11 fps

6.2 fps

6.2 fps

6.2 fps

 

分かりやすいユーザーインターフェース

メインコントロール

ソフトウェアの上部には、リボン形式のすべての主要なコントロールが含まれています。これらのコントロールはファミリー別にグループ化されています:収集コントロール、ファイルコントロール、バッファコントロール、M2コントロールとデータ演算。データ演算には、非常に便利なフィルタと正規化機能が含まれています。

 

ディスプレイ

ソフトウェアの左側は、表示パネルです。4つのディスプレイを使用することができます:3D、2D、XY(十字線に沿った断面グラフ)及びビームトラッキング。希望の表示は、パネルの下部にある対応するアイコンをクリックして選択します。プリントスクリーンコントロールは、3D、2Dおよびビームトラッキングディスプレイで利用可能です。ユーザーは、現在のビューの画像をBMP形式で保存することができます。

 

ホーム及びセットアップタブ

ソフトウェアの右側には、ホーム、セットアップとデータ収集のタブがあります。ホー​​ムタブで、測定のための主要なコントロール(ビーム径の定義、十字線センターと向き)を選択し、測定値をその下に表示します。設定タブで、測定パラメータ(露光時間、画像方向と平均、アクティブエリア等)を設定し、データ収集タブでは、測定のみ、または測定とフル画像を保存し、サンプリングレートと収集の合計持続時間を入力することができます。演算パネルの表示/非表示オプションボタンをクリックすると、高度コントロールを持つその他のタブがあります。

 

 

2D、3DおよびXYディスプレイ


3D ディスプレイ

3Dディスプレイは、ビームの実際の形状を示します。画像を簡単にズーム、パン、回転させることができます。非常に便利なリセットボタンを使用すると、データを元の設定に戻すことができます。このディスプレイは、BMP形式で最終画像を保存するためのプリントスクリーンボタンを備えています。

2D ディスプレイ

2Dディスプレイは十字線(メジャーとマイナー軸に、または指定の角度に沿って設定)および、ビームの測定径を表示します。これらの直径は、選択された定義によって変化し(4-シグマ、FWHM、1/e2等)、また表示をONまたはOFFに設定することができます。画面印刷ボタンは、現在の画面の写真をBMP形式で保存することができます。

XY ディスプレイ

XYディスプレイは、十字線に沿ったビームの断面グラフをプロットします。このディスプレイは、ズーム、カーソル、およびFWHM及び1/e2レベルバーのような、多くの有用なツールを備えています。また、ビームの低強度部分で詳細を強調するために、セミ・ログ形式でグラフを表示することも可能です。

ビームトラッキングディスプレイ

ビームトラッキングディスプレイは、センサー上のビームの重心位置の変化を視覚化することができます。このディスプレイでは、最後の演算位置およびその前の位置を表示し、ユーザーがビューをリセットするまでその状態がホールドされます。このディスプレイはまた、すべての演算値の平均位置を示し、X及びY軸両方の位置安定性に関する情報を提供します。このツールは、経時的にビームポジションの安定性をモニターするのに便利です。


SEE IT IN ACTION!