モニター

Gentec-EOモニターは、サイズと種類が豊富で、すべてのアプリケーションをカバーしています。

MAESTRO

機能

  • 全てのヘッド対応:
    • パワー:サーモパイル、フォトディテクタ、焦電式
    • エネルギー:サーモパイル(シングルショットモード)、フォトディテクタ、焦電式
  • 大型タッチスクリーンカラーLCDディスプレイ
    • 5.6インチ
    • 解像度640 x 480
    • 18ビットカラー
    • フルタッチスクリーンコントロール
  • 人間工学に基づく独自のデザインバッテリーの安定性を考慮して改善されたラバーバンドとクイックスタンドシステムで、手持ちでも卓上用としても便利
  • 分かりやすいユーザーインターフェースディスプレイの特長が数多く、インターフェースのナビゲートが簡単
    • 単一または双対グラフディスプレイ
    • メイン機能に即座にアクセス
    • 機能検索ツール
  • USBキーアクセスUSBキーに直接データを保存
  • リアルタイム統計処理機能最大、最小、平均、標準偏差、RMS、PTP安定性、パルス#、繰り返し率
  • 対応出力USBキー、アナログ出力、RS-232、PC-USB、イーサネット

ホーム

 

  • デバイスの設定:MAESTROデバイスに関連するすべてのパラメータを設定します。
  • 測定器の設定:センサーに関連するすべてのパラメータを設定します。
  • ディスプレイ:デバイスをデュアルまたはフルスクリーン表示モードに設定して、希望のディスプレイ(複数可)を選択します。
  • 収集:すべての収集パラメータ(時間、サンプルレート等)を設定します。
  • スタートアップ設定:MAESTROの起動時に、記憶させたセンサー設定の読取方法を選択します。
  • バージョン情報:メインパラメータを表示し、MAESTROを更新します。

 

デバイスの設定

このメニューのアイテムを使用し、MAESTROに関連するパラメータを設定します:

  • 桁数:測定精度を設定するにはこのメニューを使用します。
  • シリアルコマンド:SOLO2との互換性を設定し、RS-232、USBとアナログ出力を使用します
  • イーサネット:イーサネット通信プロトコルを設定します。
  • 言語:表示言語を選択します:英語、ドイツ語、日本語、フランス語(ファームウェアV1.04.02以上)

 

測定器の設定

このメニューのアイテムを使用し、測定器に関連する全てを設定します:

  • 波長:提供されている標準波長のひとつを選択し、カスタム値を入力して独自の標準波長のリストを作成します。
  • 範囲:自動スケールまたは固定スケールの測定範囲を設定します。
  • 測定モード:このメニューを使用し、平均出力、シングルショットエネルギー、パルス対パルスなど、表示する測定タイプを決定します。
  • 修正:マルチプライヤーとオフセットを入力します。
  • トリガレベル:トリガレベルを、0.1%から99.9%までの間で0.1%ステップに調節します。

 

デュアルスクリーンディスプレイ(スコープディスプレイで表示)

デュアルスクリーンモードの場合、MAESTROはその特大スクリーンを最大限に活用します!デュアルあるいはシングルディスプレイモードのいずれでも、全てのディスプレイモードを使用できます。デュアルディスプレイモードでは、画面の上部がリアルタイム表示で、その他の表示(スコープ、指針、平均化または統計)は下部に表示されます。下部の表示は、画面中央のドロップダウンメニューからパラメータバーを使用して容易に変更することができます。また、最大化ボタンを使用して、ディスプレイのいずれかをフルスクリーンモードで拡大することができます。同じように最小化ボタンを使用すれば、簡単に、デュアルスクリーン表示に戻ることができます。


リアルタイムディスプレイ

この表示は、下部に対応する棒グラフとともに、リアルタイムで測定値を示します。大きなサイズの数字と、グラフィックの高コントラストにより、離れた距離からでも測定値を容易に見ることができます。このモードは、デュアルスクリーン表示でも、画面の上部に常に表示されています。

  • 大型数字
  • 棒グラフ

 

スコープ表示

スクリーンの右から経時的に線グラフが表示されるこのモードは、実際のオシロスコープの読取に近いものです。設定には、時間(X軸)および範囲(Y軸)が含まれます。基本的な統計も、スクリーン上に直接表示することができます。

  • オシロスコープ型グラフ
  • オンスクリーン、リアルタイム統計(最小、最大、平均)
  • X軸及びY軸は完全にカスタマイズ可能

 

指針表示

アナログ針とまったく同じですが、高速です!このモードはレーザー調整に大変便利です。画面の上部にリアルタイム値が表示されます。

  • 超高速の読取
  • 調整も容易
  • 画面の上部にリアルタイム値
  • 最小値と最大値をホールド

 

平均表示

非常にユニークなこのモードにより、レーザーの経時的傾向を示すことができます。バッチあたりのポイント数を設定し、MAESTROに、各バッチの最小値と最大値を認識させます。黄色の曲線が、棒グラフの各バッチ平均に沿って表示されます。バーの白い部分と青い部分の差異が大きければ大きいほど(最小値と最大値に相当)レーザーは不安定です。

  • 測定バッチの最小値、最大値、平均値を演算します
  • 経時的にレーザーの安定性をチェックするのに最適です

 


機能を実際に見る!