JA

離散焦電センサ

金属缶パッケージ焦電ディテクタ

当社の離散焦電ディテクタは、室温クラスを形成するAC連結のサーマルディテクタで、照射源にさらされると温度変化率に正比例する電流または電圧出力を生成します。 

このディテクタは小さく、コンパクトで、安価、かつ簡単に搭載でき、高精度測定センサを必要とする用途に最適です。広域スペクトル応答

性能と特徴

当社のQSシリーズディテクタは直径2 mm~9 mm幅で、パッシブまたはハイブリッド、高感度または高平均出力など、各種設定にてお求めいただけます。これには当社の金属コーティング(MT)を施した焦電ディテクタエレメントを搭載し、TO-5またはTO-8の小型パッケージに封止されています。 

焦電ディテクタの特徴例:

  • 室内操作
  • 幅広いスペクトル応答
  • 高感度
  • 迅速な応答
  • 光電流飽和なし

カスタマイズオプションの例:

  • TO缶に付属可能な永久型IRウインドウ
  • 高吸収およびフラットスペクトル応答のためのBL吸収体

広域スペクトル応答

当社の離散焦電ディテクタは、光導電型ディテクタや光起電型ディテクタとは異なり、わずかな電磁スペクトル域に制限されることはありません。0.1 μm~3000 μmまでの広域スペクトルディテクタです(極端紫外線、遠赤外、テラヘルツ)。当社のコーティングおよび焦電結晶によって吸収された照射光はすべて測定可能な信号になります。

左の2つのグラフは当社のディテクタの相対スペクトル応答を示しています(MTコーティングおよびBLコーティング)。NIST追跡可能なこれら曲線の較正部分は、0.25 μm~15 μmに及ぶことが立証されています。現在、15 μmを超える較正測定について追跡可能な光学基準はありません。

QS-Lシリーズ

熱的に絶縁された結晶を搭載した、低周波での高感度(低ノイズ)パッシブ離散焦電ディテクタ

QS-Lセンサを閲覧する

QS-Hシリーズ

放熱板を搭載した、高平均出力および高周波作動パッシブ離散焦電ディテクタ

QS-Hセンサを閲覧する

QS-ILシリーズ

QS-ILセンサは高感度、低帯域用途向けに設計された、電流モードハイブリッドセンサです。

QS-ILセンサを閲覧する

QS-IFシリーズ

QS-IFセンサは最大20 MHzまでの高周波用途向けに設計された、電流モードハイブリッドセンサです。

QS-IFセンサを閲覧する
COPYRIGHT ©2019 Gentec-eo Spektrum média