JA

レーザーエネルギーディテクタ

較正済レーザーエネルギーディテクタ

 

 

 

 

焦電エネルギーディテクタ

これらのエネルギーディテクタの核をなすのは高速応答焦電材です。これは吸収材によって生じる温度変化の際、電流源として作用します。焦電機器の全面と放熱板の裏側にある光吸収材により、到来する光パルスなどによって生じる温度の変動が、電圧パルスに変換され、レーザーエネルギーに比例するレベルまで素早く上昇します。

最も厳しい要件のレーザービームとして、当社では世界一優れたパルスエネルギー密度閾値を誇る広帯域MBコーティングを取り扱っています。 

Gentec-EOのQEシリーズはこの技術を基礎としています。当社は各種寸法のQEディテクタ、冷却モジュール、吸収材を幅広く取り揃え、特殊なレーザー測定ニーズに対応しています。 

すべてのQEディテクタを見る

フォトダイオードエネルギーディテクタ

フォトダイオードは半導体材からなる機器で、光を電流に変換します。電流は半導体のpn接合にある電子正孔対によって生成されるため、この機器の応答性は素材のバンドギャップに応じ、波長によっても大きく異なります。

フォトダイオードのスペクトル応答の波長依存度が高いことは、メリットにもデメリットにもなり得ます。これらのディテクタのスペクトル応答は自然フィルタとして作用し、他の源からのノイズを遮断しますが、これは、別の光源測定のため、別のディテクタを使用する必要があることも意味します。 

サーマルセンサに比べ、フォトダイオードは高速で、温度変動の影響を受けにくく、ノイズレベルも低くなっています。 

当社のPEシリーズ製品はフォトダイオード技術を採用しています。

フォトダイオードエネルギーディテクタを閲覧する

内蔵球面エネルギーディテクタ

内蔵球面ディテクタは二つのエレメントで構成されています。まず、光が小さな開口部から中空球に入り、球面の内側コーティングに多重反射して、球面内で分散します。次に、球面の別の場所にある小さな一様発光開口部が、この分散光の一部をサンプリングし、これをセンサに送信します。 

基本的に、内蔵球面は減衰器として作用することで、小型の高速ディテクタを使用できるようにします。内蔵球面エネルギーディテクタには、高速応答、高感度、優れた空間的均一性など、多くの利点があります。

当社はこの技術をM6シリーズの設計に採用し、最大200 kHzまでの繰り返し率であらゆるパルスを検出できる超高速エネルギーメータを製造しています。当社では様々な波長およびエネルギータイプ向けに様々なヘッドを取り揃えています。

M6シリーズを閲覧する

互換性のあるエネルギーディテクタの推奨

当社製品ファインダーツールはレーザーに関する3つの簡単な質問にお答えいただくだけで、すぐに最適なレーザーエネルギーディテクタを検索します。

製品ファインダーを使用する
COPYRIGHT ©2019 Gentec-eo Spektrum média