QED減衰器

QED減衰器は、QEシリーズディテクタのエネルギー、エネルギー密度、平均出力、および平均出力密度性能を増加させます。この製品は、標準として、検出器への入射放射の30~50%(@1.064 µm)を、ランバートパターンに近いパターン(非常に広い拡散パターン)で伝送するように設計されています。スライド式のケーシングにより設置および取り外しが簡単に行えるほか、シンプルな止めねじで確実に固定することができます。これはディテクタに組み込まれているため、較正に与える影響を把握することが重要となります。

標準較正

  • QEディテクタ単体:フル較正、248~2500 nm
  • QED減衰器搭載:未較正(ユーザー側で較正)

特別QED較正・QED-CAL-1

  • QEディテクタ単体フル較正、248~2500 nm
  • QED減衰器搭載ひとつの波長に較正(532 nmまたは1064 nm)

ペアとして較正 (-QED)・QED-CAL-2

  • QEディテクタ単体:未較正
  • QED減衰器搭載:フル較正、308~2100 nm

フル較正・QED-CAL-3

  • QEディテクタ単体フル較正、248~2500 nm
  • QED減衰器搭載フル較正、308~2100 nm(この較正はQED較正用にDB-15アダプタで行われます)
COPYRIGHT ©2019 Gentec-eo Spektrum média